読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と珍スポと教育と

本について語ります。珍スポットについて語ります。あとたまに教育について語ります。ゆるゆるとお読みください。

亀有駅が凄いことに「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(秋本治)

亀有駅が大変なことになっている。

フォト



そう、ついにあの長期漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(秋本治)が連載終了。そこで亀有駅こち亀がジャックしてしまったのだ。

階段も凄まじい。

フォト

 

フォト



さらに降りるとこもこんな感じ。

フォト



壁にはいろんなこち亀広告が。

フォト

 

フォト

 

フォト



エスカレーターの手すりまで両津であった。うーん、凝っているなぁ。

フォト



改札口も凄い。それぞれの巻の表紙が床一面にある。

フォト

 

フォト



表の両さん像(これは以前からあったけど)にはお祝いの花が置かれている。

フォト



こっちの像には記念写真を撮る人が多数。みんなこち亀好きだったんだなぁ。

フォト



当然、今日の本は「こち亀」だろう。

こちら葛飾区亀有公園前派出所秋本治

200巻を生徒が手にいれたので借りて読む。そういえばいつからだろう、こち亀を読まなくなったのは。

実は50巻くらいまでは中学、高校と集めていたのだ。いつのまにかなくなってしまったなぁ。

今読むとずいぶん線が細くなったなときづく。昔の両津はもっと骨太だった気もしたんだけど。そういえば昔の両津は破天荒だったな。今は流石にそんな感じには書けないか。うーん、住みにくい世の中になったものだよ。

200巻の最後は「え、これで終わり?」って感じなんだけど、作者、たまにまだ書くかもしれないからこれでいいのかもしれない。連載は終わりだけどなんかイレギュラーで掲載されそうな雰囲気満々だぞ。

しかし、40年。僕とほぼ同じ歳。お疲れ様でした。

 

 

 






亀有駅の垂れ幕が少し涙を誘う。まあ終わりってのはなんでも悲しいものだよ。

フォト