読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と珍スポと教育と

本について語ります。珍スポットについて語ります。あとたまに教育について語ります。ゆるゆるとお読みください。

ぐっちょんばっこん「悪の教典」(貴志祐介)

キター!!!!!!!!!




人間が書けてなくたっていいじゃないか。

展開がありきたりだっていいじゃないか。

漫画みたいな造詣だっていいじゃないか。

出てくる人物が「こんなやついねえよ」だっていいじゃないか。




もうね、怒涛の展開に脳髄でっぱなし、いろんなところから液体でっぱなし。ドーパミンon!グリコーゲンon!コラーゲンon!バーミヤンon!

ああああああああああ、蕩けるうううううううう。




ということで僕は推します。

って今頃なんだけどね。



悪の教典貴志祐介


いやぁ、満足満足。

正直、前半はだるだるだるびっしゅなのよ。なんだ、これで悪ってねえって。もうこんなのいらねえよって。

でも下巻が怒涛。いや、人によってはこの下巻が気持ち悪いとかご都合主義すぎるとかハスミンそこまでとかもう貴志は読まないとかいろいろあるんだけどさ 、




僕は大あり名古屋は城で持つです。


たぶん、批判者のほとんどが主人公ハスミンの人物設定が甘いとかカリカチュアサイズされているとかいろいろあるんだけど


そんなのどうでもいいんだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ(DIO風に)

これは後半の疾風怒涛、天地無用な大殺戮スペクタルを楽しむ本なんだから(って俺だけ?)。

主人公ハスミンが一人また一人と二年四組の生徒を殺していく様はまさに悪鬼羅刹。ここでもうなんど蕩けたか。やばやばやばー。もはや殺戮のダイハード。また貴志は文章が上手だから非常に読ませるんだよねえ。

そして確実に立つ死亡フラグ。期待を裏切らない殺されっぷり。久々にホラーマニアとしてすかっとさわやかコカコーラです(ってさわやかでないけど)。

特に一人一人に対してとどめを指すときのハスミンの非道っぷりにはぁぁぁぁぁって成ります。例えばねえ、クラス一の秀才を殺すときのハスミンの英語なんかもうイキまくりなの。

「You were to enter Todai? Sorry, you are going to die」なんだこの駄洒落。で、ドスンですよ。まじかー。





こっからはネタバレ(読んでない人回れ右)



 




ただラスト2人生かすことはいただけない。そしてハスミンが捕まってしまったことも。ここはみんな殺してとんでもないけど、ハスミン上手く逃げおおせてへらへら、幸せな老後も送りましたって感じだろ。それでこそ鬼畜ホラー諸行無常だと思うんだけどなぁ。流石に貴志も良心がとがめたか。友成なら平然とハスミンの天下な状況で終わらせると思う。




しかし、この作品、このミスで一位だったんだよなぁ。映画化もされているし(まあ監督はあの三池だけど)、ベストセラーにもなっているし。



は!時代はホラーになっているの?そうか遅れてやってきたホラータイム!そうかそうか今時代はホラーなのか。きっとこの流れでアヤツジの殺人鬼も売れ、平山に実録ホラーは2刷、3刷。友成のマニアックホラーも復刊され、牧野修のぐっちょんばったんホラーも平積みに・・・



は、ならないんだろうなぁ。

 

悪の教典〈上〉 (文春文庫)

悪の教典〈上〉 (文春文庫)

 

 

 

悪の教典〈下〉 (文春文庫)

悪の教典〈下〉 (文春文庫)